ベジタリアンのすすめ

ベジタリアンという言葉は、誰もが聞いたことがあるかと思います

一言で説明するならば『菜食中心の食事をする人々』のことです。

健康面・宗教上・道徳など様々な理由から、肉や魚などの動物性食品を食べない思想や主義のことを、ベジタリアニズムと言います。 このベジタリアニズムの思想を持って、菜食主義を実践している人をベジタリアンと呼ぶのです。

なので、野菜しか食べなければ誰でもベジタリアンになれるという簡単なことではないようです。 1847年に英国ベジタリアン協会によって発足されたベジタリアンは、今ではいくつかに分類されます。

いろいろな目的(食用・衣料など)のために、動物を狩ること止めようという考え方をビーガニズムといいます。 動物製の衣料品も身に付けず、卵・乳製品も食べない人たちのことを、ビーガン・ピュア・ベジタリアンと呼びます。

次に、ラクト・ベジタリアンとは、菜食主義に加えて乳・乳製品などを食べる人たちのことを言います。 ペスクタリアンは、菜食主義に卵・乳製品・魚介類を食べます。

欧米のベジタリアンで一番多いタイプが、ラクト・オボ・ベジタリアンです。 これは、菜食主義と卵や乳製品も食べる人たちのことです。

動物性食品を一切摂取せずに、栄養面で大丈夫なのかという疑問もあるようですが、その点は問題ありません。 植物性食品にもタンパク質は含まれていますし、食べる組み合わせなどによって必須栄養素も摂取出来るのです。 ベジタリアンと言えば、海外のイメージが強いですが、そんなことはありません。

日本にもベジタリアンの人は多く、ベジタリアンレストランも多く存在します。 食生活が乱れているなと感じる人は、楽しくヘルシーにベジタリアンの考え方を見習うのも良いかもしれません。 やずや養生青汁を取り入れてみることから初めてみるのもよいでしょう。

相性の良い食べ物の組み合わせ

食べるときに、栄養のバランスやカロリーを気にする人は多いと思いますが、食べる組み合わせを考えたことはあるでしょうか? 組み合わせと言うと大げさに聞こえるかもしれませんが、普段食べている食事には、定番の組み合わせがあります。

から揚げなどの揚げ物に添えられているレモンやパセリ、カレーにラッキョウまたは福神漬け、などです。

また、秋刀魚と大根おろしという組み合わせは秋の定番とも言えますが、これにはキチンとした理由があります。 秋刀魚には、血液をサラサラにしてくれるEPAと賢くなると言われているDHAが含まれていますが、身の部分だけでなく内臓部分にも多く含まれています。

内臓は苦味が強くてあまり食べないという人も多いかと思いますが、そんなときに大根おろしと一緒に食べると良いでしょう。 大根おろしには、消化機能を促進する働きがあるほかに、苦味を抑制する働きもあるからです。

逆に、もみじおろし・サラダなどで大根と人参の組み合わせはよくありますが、これは相性は良くない組み合わせです。

人参に含まれているアスコルビナーゼが大根のビタミンの吸収を妨げてしまうからです。 アスコルビナーゼは酢によって働きを抑制することができるので、酢の物やなますにして食べると人参・大根のどちらの栄養素も吸収することが出来ます。

大根だけでなく、野菜ジュースにも人参はよく使われますが、この時も他の野菜の栄養吸収を邪魔してしまうので、酢を用いていることが多いようです。

それぞれの野菜の栄養やカロリーを気にすることも大切ですが、組み合わせによって効率よく吸収できていなければ意味がありません。 健康面においても、食べる組み合わせを考えることも重要だと言えるでしょう。

サイトメニュー

やずや養生青汁を実際に飲んでみた体験談
野菜不足を青汁で解消
養生青汁の誕生秘話
食物繊維を摂るためのレシピ
食物繊維の摂りすぎに注意
ベジタリアンのすすめ
日本の伝統野菜

ローン返済額